Detail


貧血に悩む人のため

改善できない、繰り返してしまう、長期貧血状態で苦しんでいませんか?
  • 気持ちがあっても体が動かない・・・
    疲れやすい
    直ぐに息があがってしまう
    集中できない
    気持ちはあるのに練習についていけない
    以前より苦しくなった
    このまま走れなくなるのではと不安に思っている
  • 貧血改善の努力をしているのに・・・
    薬を飲むと一時的にはよくなるけど
    いつも血液検査の結果が思わしくない
    フェリチンが特に低い
    治療を繰り返しても効果が見られない
    食事療法もサプリメントも心掛けている
    眠りが浅い
貧血のメカニズム・・・

貯蔵鉄(フェリチン)が空になってしまうと改善が難しくなります。
運動による破壊(体内溶血)で鉄分が失われることは良く知られています。トレーニングを終えた後、体内では筋肉や血液の合成が始まりますが、この際に貯蔵鉄が利用されるのです。知らず知らずのうちに、供給不足が続き、このバランスが崩れたまま放置されると次第に貯蔵鉄が使い果たされ備蓄がなくなってしまいます。このような非常時でも、食事から摂取される鉄分は先ず備蓄にまわされるので、造血や筋肉の回復成長に使用される鉄分はいつも不足することになります。
いったん貯蔵鉄が空になると需要に供給が追い付かない状態が延々と繰り返されることになるのです。
ヘム鉄だけでは難しい・・・
ヘム鉄は最も吸収性に優れた鉄を含む食材ですが、体内で利用されなかったものは排泄されてしまいます。ですから副作用が全く無い安全なサプリメントとして貧血予防には最適ですが、深刻な貧血状態に陥った場合には貯蔵用に直接的に貯えられる有機酸鉄(非ヘム鉄)を補うことも必要となるのです。
非ヘム鉄の摂取には細心の注意が必要・・・
前述の理由から貧血の治療としては造血剤を経口投与するのが一般的です。また、サプリメントに利用されている非ヘム鉄も性質は殆ど同じものです。但し、非ヘム鉄には副作用の心配があります。ですから、摂取には細心の注意が必要です。
アスリートは食事療法で改善を図る・・・
健康を害することなく高いパフォーマンスを発揮するには、あくまで食事療法による改善が望ましいのです。それには基本的なトレーニングメニューや食生活習慣を見直すこと。そして、食品中に含まれる様々なタイプの鉄分をバランス良く摂取する必要があるのです。
そして、
セリア・Jobが生まれました。

・お召し上がり方・詳細はプログラムに従って下さい。一般には1日6粒を目安に、十分な水とともにお召し上がり下さい。腸の働きの活発な食後をお勧めします。

ご使用上の注意
体質が合わないと思われるときは、使用を中止して下さい。使用後は蓋をしっかり締め、高温多湿を避け、冷暗所で保存して下さい。ご不明な点などございましたらスタッフまでお気軽にご相談下さい。