━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋┓   
■╋┓   スポーツ栄養情報 セリア通信 
╋■╋┓     
■╋■╋━ vol.4 ━━━━━━━━━━━━━━━━━2007/09/25 ━━━━


 秋分の日も過ぎ、彼岸花が咲く頃となりました。すっかり秋ですね。

 みなさん御元気ですか?

 
 お彼岸と言えば『おはぎ』ですよね。(食いしん坊の私・・・笑)

 『おはぎ』と『ぼたもち』の違い、知っていますか?

 これらは全く同じもので、名前が違うだけなんです。

 お彼岸は春分と秋分を真ん中にした七日間のことなんですけど、

 春に咲くのが『牡丹(ぼたん)』→『ぼたもち』

 秋に咲くのが『萩(はぎ)』→『おはぎ』

 という訳なんです。

 
 つぶあんとこしあんの違い、とか、形が微妙に違う、とか、

 あれこれ考えたんですけど、全然違いました。(笑)

 日本人って季節感を大切にして、食べ物の名前にまで使っちゃうんですね。



 さてと、そろそろ本題に入らなくちゃ。(笑)



 先週は、疲労回復にはビタミンBが大切、という話をしました。

 夏の疲れはもう解消しましたか?

 まだ何となく調子が出ない、という人もいるかなぁ・・・


 スポーツをする上で疲労回復というのは、とても重要ですよね。

 トレーニングというのは身体を疲労させているようなもの。

 それを繰り返しながら、筋肉を育て、運動能力を高めるのですから、

 疲労回復が早いこと=競技力のアップ、だと思いませんか?



 内┃臓┃疲┃労┃       
 ━┛━┛━┛━┛ …┿━…・━━━━━━━━━━━━━━━━━…━……・━━━…

 疲労には、

 1 筋肉疲労 2 頭脳疲労 3 内臓疲労

 この三つがあるそうです。ヘェヘェヘェって感じでした。(笑)

 筋肉疲労というのは、スポーツ選手ならよく分かると思います。

 そこで今週は、三番目の『内臓疲労』について考えてみましょう。

 一般的には、暴飲暴食が原因の一つなのですが、

 スポーツ選手の場合は、運動によって起こる内臓疲労です。


 運動している時、血液の80%以上が、筋肉と皮膚へ(熱を発散させるため)流れます。

 安静時は25%ですから、三倍以上ですね。

 その分、内臓、特に腎臓、肝臓、胃腸への血液は極端に少なくなります。
 (運動時は5%前後、安静時は40%)
 
 その結果、内臓疲労が起こります。



 内┃臓┃の┃は┃た┃ら┃き┃      
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 内臓で何が行なわれているかというと・・・

 激しいトレーニングで筋肉が破壊されると、細胞から老廃物や酵素、

 疲労物質(乳酸やケトン体など)が血中に流れ出します。

 そして、肝臓・腎臓に運ばれ、分解されます。

 ハードな運動によるダメージを修復するために、

 内臓は裏方として一生懸命働いているんですね。

 ですから、内臓へ流れる血液が減ると、その機能が更に落ちてしまうんです。


 激しい運動をする
  
  →疲労物質が血液に流れ出す

    →血液と共に肝臓などに運ばれる

      →でも内臓に血液が行かない

        →疲労物質が分解されない

・・・これはマズイ状態ですよねぇ。




 症┃状┃が┃分┃か┃り┃に┃く┃い┃?┃       
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛…┿━…・━━━━━━━━━━━━━━━

 このように、内臓にもかなりの負担がかかっているのに、

 その負担を痛みとして感じることはほとんどありません。

 筋肉疲労は筋肉痛として感じるけれど、

 内臓疲労は自覚しにくいので、要注意なんです。


 普段より、

 ・なんとなくだるい
 ・気力がない
 ・集中力がない

 こんな時は内臓疲労かもしれません。

 症状はビタミンB群欠乏と似ています。

 山根さんの経験では、背中や後頭部からだるさを感じ全く力が入らない状態で、

 頑張りたいのに体がついてこないような感じ、なのだそうです。

 心配な方は、血液検査時に肝機能(GOT)も調べてもらうと良いでしょう。



 ア┃ミ┃ノ┃酸┃を┃と┃ろ┃う┃     
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛…┿━…・━━━━━━━━━━━━━━━━━…━

 では、内臓の疲れを癒すにはどうしたらよいでしょう?

 特に肝臓は全身に栄養を送り、全身の老廃物を処理するために、

 休むことなく働き続けています。

 更に、運動によって沢山の疲労物質が送り込まれて来たら、

 それを分解するためにフル回転しなきゃなりません。

 当然ケアーが必要ですよね。

 もちろん休養することは大切です。

 そして、同じくらい重要なのが栄養なんです。


 肝臓の疲れを回復させるには、アミノ酸が必要です。

 特に『アラニン』というアミノ酸は、肝臓で分解作業を担っている、

 『酵素』のエネルギー源になるものです。

 シジミやホタテ、イカなどの海産物に多く含まれていますから、

 新鮮な魚貝類のお吸い物やスープなどがおススメです。

 アサリ、シジミなど、魚貝類の出汁には良質のアミノ酸が、

 バランスよく溶け出しています。

 汁物はもちろん、炊き込みご飯や煮物、寄せ鍋やちゃんこ鍋もGoodです。

 残り汁にも栄養がたっぷり含まれていますから、

 最後にうどんやご飯を入れて、残さず食べちゃいましょう。


 
 セ┃リ┃ア┃L┃o┃b┃b┃    
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛…┿━…・━━━━━━━━━━━━━━━━━…━……

 サプリメントで補給したい場合は、セリアシリーズのLobb(ロブ)をお勧めします。

 良質のアミノ酸を吟味し、さらに吸収の良いペプチド状のものを配合しました。

 セリアLobbはこちら  http://www.cf-seria.com/lobb2.html




 ビタミンやミネラルは、色んな栄養素や酵素などと補い合って、

 身体を正常に機能させる働きをしています。

 単体ではほとんど意味がないんです。

 ですから、基本は三度の食事でバランス良く栄養をとること。

 運動選手は疲労が大きい分、プラスアルファが必要になります。

 食事だけでは不足してしまう分をサプリメントで補う、という考えでいて下さい。

 サプリメントは食事で摂取した栄養素と一緒に働くのですから、

 それだけでは役に立たないんです。

 栄養補助食品と言われるのはそういう訳です。



 ★☆山根さんから一言☆★────────────────────────────☆
 
  実りの季節を迎えて宅配便も忙しそうですね。

  皆さんのお宅にも秋の味覚が届く頃かと思います。

  旬の食材を「美味しく」いただく。こんなにカラダに良い栄養補給はありません。

  実は食べ物が「美味しい、旨い」ということは必要な栄養を、

  必要な形で、タイミング良く補給している状態を意味します。

  そして、この旨味成分こそ、疲労回復、成長に必要なアミノ酸なのです。

  この秋、回復力をアップするためにも舌を肥やして「旨味」を感じる能力を

  研ぎ澄ますよう心掛けてみて下さい。            山根武司
 
 ☆──────────────────────────────────────☆

 
 旨味成分の正体はアミノ酸だったんですね! これまた、ヘェヘェヘェです。(笑)

 

 身体を使えば、それだけ疲労します。

 ちょっとした努力や工夫で早く疲労から回復できれば、

 また気持ち良く前向きにトレーニングできます。

 身体のケアーや食事は毎日のこと。

 そこに気を配るかどうかで、コンディションは大きく違ってきます。

 同じトレーニングをしても、ここで差が出て来るのです。

 練習後にバタンキューとなる前に・・・疲労回復の心掛け、

 どうか忘れずに!


 最後までおつきあい頂いて、ありがとうございます。

 皆さんの御意見、御感想はもちろん、

 「頑張ってるよ〜」というメッセージでもなんでもOK、(笑)

 メール、お待ちしてま〜す♪  アドレスはこちら mag@cf-seria.com



 それではまた来週まで、ごきげんよう!