【 セリア通信 vol.132 】貧血の目印《2》肌や爪は大丈夫?


皆さん、こんにちは。お元気ですか?

 先週、冬将軍とはおさらば、なんて書いたら、途端に寒さが戻ってきてしまって・・・
 
 将軍を怒らせちゃったのかな?

 ともかく、気温の変化が激しいので、体調管理には気をつけて下さいね。


 三月は年度の変わり目ですので、学生さんも社会人も、何かと忙しい時期ですね。

 新しい環境への準備もあることでしょう。

 期待と不安が入り交じって、心模様も変化しやすいと思います。

 せめて、カラダには不安を抱えないようにしてほしい・・・そんな思いも込めて今週もお送りします。

 今月はアスリートに多い悩み「貧血」について特集しています。

 女性は必見の内容です。自分にあてはまる事がないかどうか、確認しながら読んで下さいね。

 もちろん男性陣にも言える事ですよっ!



 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 ┌──┐
 │・・│
 │"ー"│ 貧血の目印《2》肌や爪は大丈夫?
 └──┘


 ◇色白にまつわる話◇◆◇……・━━━…・┿

 テレビや雑誌で活躍しているトップモデルの方々は、本当に透き通るような白い肌ですね。

 古今東西、女性にとってお肌は最大の関心事。「美白」「肌年齢」といった言葉が飛び交っています。

 女子選手の皆さんにとっても気になるところでしょう。キレイで美しい女性が増えるのは嬉しいことなのですが、

 ちょっと気になる事もあります。そんな色白にまつわる話です。


 ◇肌荒れ注意報◇◆◇……・━━━…・┿

 食事バランスも良く、心身共に健康な色白美人なら何の問題もありません。でも、無理なダイエット、激ヤセ、

 オーバートレーニング、ストレス、疲れがとれない・・・これらに心当たりはありませんか。

 戸外で運動しているのに日に焼けない人も要チェックです。

  ◎ 色白なのに肌がカサついている
  ◎ リップクリームが欠かせない
  ◎ 指先がささくれやすい
  ◎ 枝毛やパサつきが気になる

 これらの症状がある場合は、貧血かもしれません。

 まぶたの裏側もチェックしてみましょう。血の気が無く真っ白になっていたら貧血の心配があります。


 ◇肌と貧血の関係◇◆◇……・━━━…・┿

 肌や髪を健康に保つには「鉄分」が必要です。鉄分が不足すると、みずみずしい肌を保てず、皮膚がカサついて

 しまうのです。トップモデルには鉄欠乏性貧血の人が多いのが実状です。スリムな体型を維持するために、

 食事バランスを崩したり、不規則な生活になる事が原因です。色白でも肌荒れの人は貧血を疑いましょう。


 ◇ミネラル不足の恐怖◇◆◇……・━━━…・┿

 貧血の場合、鉄分だけではなく、他の重要なミネラルも不足しています。皮膚や髪の毛、筋肉などを造る際に

 欠かす事の出来ない「亜鉛」も不足していることでしょう。そのまま放置すれば、健康で丈夫な細胞組織を

 造ることが出来なくなります。皮膚のカサつきや髪のパサつきは、ほんの小さなサインに過ぎません。

 カラダづくりに必要な微量ミネラルが不足したままになると、爪までシワくちゃになってしまいます。

 更に進行すると、筋肉や骨、内臓の発育にも悪影響を及ぼします。


 ◇傷が治りにくい人も◇◆◇……・━━━…・┿

 切り傷や擦り傷が治りにくい人も注意しましょう。原因として、亜鉛や鉄などの微量ミネラル不足も十分に

 考えられます。体細胞を造るには亜鉛や鉄分が不可欠なのです。一般的に、子供の頃から好き嫌いせず、

 多品目の新鮮な食材を食べて育った人は、病気や怪我の回復力(治癒力)が大きいようです。


 ◇内側から丈夫に◇◆◇……・━━━…・┿

 栄養不足でカサついた肌に保湿クリームや抗酸化クリームを塗っても一時しのぎにしかなりません。

 時間が経てばカサカサになってしまいます。肌に大切な栄養はタンパク質やコラーゲンですが、

 それだけではありません。健康で丈夫な細胞組織=スベスベお肌、の為には、鉄分や亜鉛などの微量ミネラルを

 十分に摂り、カラダの内側から丈夫にしましょう。


 ◇貧血改善には鉄分と亜鉛◇◆◇……・━━━…・┿

 摂取した食物から栄養を吸収し、必要な体組織を造ることを「同化」と言います。同化をスムースに行うことが

 出来たら、回復も成長も効率よく行なわれますね。亜鉛には同化を促す力があります。タンパク質や微量ミネラル、

 中でも鉄分や亜鉛を効率よく摂取すれば、美しく健康なカラダを造れます。貧血の人は怪我や故障も多い、

 というのもそうした理由です。色白、皮膚のカサつき、髪のパサつき、波打つ爪、怪我や故障、そして貧血。

 症状は違いますが、すべては栄養不足に起因しているということを覚えておいて下さい。


 ◇セリアジョブのすすめ◇◆◇……・━━━…・┿

 単純に鉄が足りないだけならセリアFeで補えば十分です。ところが、鉄不足の人は同時に亜鉛などの微量ミネラル

 のバランスも崩れていることが分かりました。その結果生まれたのがセリアジョブです。カラダへの負担を少なく

 するために3種類の鉄分を配合し、同化を促す微量ミネラルを強化してバランスアップを図りました。

 そして、貧血で悩む多くのユーザーに指示され続けています。

   ◆セリアFe◆  http://www.cf-seria.com/fe2.html 
   ◆セリアジョブ◆ http://www.cf-seria.com/job2.html 


 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe  http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策に 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa  http://www.cf-seria.com/ca2.html 骨太が基本 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC  http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ   http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job      http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が鉄欠乏性貧血改善への第一歩
  ◇Lobb        http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 貧血=顔が青白い、というのが代表的な印象ですが、肌や髪、爪にも表れるんですね。

 そして、鉄分以外のミネラルも同時に不足しているおそれがあり、

 カラダの細胞そのものが造られにくくなってしまうなんて、怖いですね。

 貧血の症状がほとんど無くても、血液の状態を良くしておくに越した事はありません。

 アスリートはなおさらですね。いくらヤセても、色白でも、動かないカラダでは意味がありません。

 必要な栄養をしっかり摂って、機能するカラダを造りましょう。

 目指すは「血液美人」です! (骨太美人に続いて流行すること間違いなし!?)


 ★山根氏のつぶやき☆★──────────────────────────────────☆

  友人が琵琶湖畔に引っ越すことになった。良い機会だと思い、学生時代に憧れていた

  びわこ毎日マラソンに出場してみようかと日本陸連のホームページを覗いてみた。

  出場資格マラソン2時間30分以内、ハーフ1時間10分・・・エリート大会のレベルの高さに

  すっかりひるんでしまった。越えるべき時に越えておかなければならない壁がある、と悟った。

 ☆────────────────────────────────────────────☆


 足の速い人って沢山いるんですね〜。(笑)

 ランニング人口も増加中。東京マラソンも凄い盛り上がり方でしたね。

 せっかくですから、イベントのノリだけで終わらないで欲しいですね。

 読者の皆さんは、日々の積み重ねが大切だって分かっている方ばかりですから、

 全然心配してませんけど・・・(大丈夫ですよね?)


 読者の皆さんからのメールをお待ちしています。

 質問はもちろん、メルマガへの要望でも感想でも、何でもイイんです。

 質問には山根さんが答えて下さいますヨ。

 ぜひぜひ皆さんの声を聞かせて下さい。お願いしま〜す。


 それではまた来週、元気にお会いしましょう!
セリア通信のバックナンバーはこちら