【 セリア通信 vol.134 】 貧血の目印《4》気をつけているのにナゼ?


皆さん、お元気ですか?

 春分の日も過ぎて、暦通りの春になって来ましたね。

 卒業式の時期でもあります。

 友人と離ればなれになるのは切ないけれど、新しい環境への希望にもあふれていることでしょう。

 人生、そんな事の繰り返しです・・・

 ・・・などと感傷にひたっている場合ではなく、

 今週も皆さんのお役に立つ内容満載でお送りします。


 今月は貧血について色んな角度から分析し、改善法を探っています。

 アスリートの常識として、貧血にならない為の努力をしている人は多いと思います。

 でも、意外に「やっているつもり」になっているのに「正しくできていない」人が多いみたいなんです。

 私は大丈夫、と思い込む前に、もう一度見直してみましょう。

 色々なチェック項目もあります。では、どうぞ・・・


 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 ┌──┐
 │・・│
 │"ー"│ 貧血の目印《4》気をつけているのにナゼ?
 └──┘


 ◇貧血の苦しみ◇◆◇……・━━━…・┿

 貧血は、経験のない人には、その苦しみはなかなか理解出来ません。思うように走れない自分に苛立ち、

 チームメートから取り残される不安にとりつかれます。私にもそんな経験がありました。

 どのチームでも、別メニューを命じられた選手には笑顔が見られません。黙々と補強をする選手からは、

 「何故、私だけ?」という心の叫び声が聞こえてきます。


 ◇改善のためのポイント◇◆◇……・━━━…・┿

 食事や栄養バランスにも気をつけているのに、鉄剤の服用も? と不安に思っているあなた。

 日常生活の中で見直すべき事があるはずです。ここで一緒に考えてみましょう。

 1 姿勢

  貧血に苦しんでいるあなたは、自身をよく観察してみましょう。姿勢はどうでしょうか? 
  猫背になっていませんか? 痩せ気味で猫背、下腹がポッコリ出ている人は胃下垂(いかすい)の可能性が
  あります。内臓が圧迫され消化吸収などの働きが悪くなっているかもしれません。
  手足が冷えやすく浮腫(むく)みがちならの人も要注意。日頃から姿勢に気をつけて下さい。
  補強が苦手なあなたは腹筋を中心に体幹のトレーニングを心がけましょう。

    胃下垂(いかすい):胃が正常値よりも下方に垂れ下がり内臓を圧迫している状態。
              一般に痩せ型に多く見られ、食欲不振や消化不良などを起こし代謝を妨げやすい。
    体幹:人間の胴。体幹のトレーニングは主に腹筋・背筋を強化することを指す。


 2 腸内環境

  ◎排便は毎日規則正しく行っていますか?
  ◎下痢や便秘がちではありませんか?
  ◎便の色は何色をしていますか?
  ◎便やオナラの臭いは気になりませんか?

  カラダに有用な栄養のほとんどは小腸から吸収されます。鉄分も同じです。食物が効率よく吸収されるためには、
  腸内細菌のバランスを整える必要があります。腸内細菌には善玉と悪玉があります。悪玉菌が増えると、
  便が黒ずんだり臭ったりします。これは環境悪化の信号です。食物繊維の豊富な根菜類や芋類などを
  しっかり食べましょう。また、牛乳やヨーグルトなどの乳製品もお勧めします。


 3 内臓を育てる

  食事バランスは人並み以上に気をつけている、と自信満々のあなたも要注意です。実際に食事調査してみると、
  その食事量の少なさに驚くことしばしば。栄養不足は一目瞭然です。忘れてはいけないのは、成長期のカラダは、
  骨や筋肉と同じように、内臓も育てる必要がある、ということ。野菜や果物だけでは内臓は育ちません。
  色んな栄養をまんべんなく、そして適度な量を食べる必要があるのです。


 ◇元気なカラダは代謝が活発◇◆◇……・━━━…・┿

 肝臓にはカラダを健康に保つための機能が詰まっています。吸収されたミネラルやエネルギーの貯蔵庫にも

 なっているのです。常に新しい栄養を摂り込み、新鮮で有用な材料を豊富に取り揃えるよう、働いています。

 成長期に人並みはずれたトレーニングを行っている選手は、ここに蓄えられた栄養を毎日大量に使っているのです。

 優れたアスリートは代謝が活発。栄養の出入りが絶えず行われています。

   代謝:生物体が外界の物質の持つエネルギーを自分の体内にとり入れて生活し、体内の老廃物を排泄すること。


 ◇栄養不足は消化吸収や代謝を妨げる◇◆◇……・━━━…・┿

 人間には適応という能力があります。飢餓に備えて省エネスイッチが入ると、カラダは動かず、成長を止める

 仕組みになっています。肝臓が成長しないまま省エネモードに入ってしまったら、カラダは代謝が出来なくなり

 機能が低下します。鉄分を摂っても消化吸収しないのは、栄養バランスが崩れた為に、蓄える力すら無くなって

 しまうからです。間違ったダイエットは禁物です。痩せる必要がある時は必ず専門家に相談して下さい。


 ◇セリアジョブで体力を回復しよう◇◆◇……・━━━…・┿

 体力が低下し、長期間貧血状態の人は、総合的な栄養摂取の見直しが必要です。造血剤は、かえってカラダに

 負担をかける怖れもあります。栄養バランスをアップし、まずは栄養を吸収する為の体力を回復しましょう。

 セリアジョブはカラダに優しい3種類の鉄分をバランスよく配合しました。さらに体組織の合成に必要不可欠な

 亜鉛、銅も上手に摂れます。体力低下の著しいアスリートの鉄分・ミネラル補給にお役立て下さい。

  ◆セリアジョブはこちら◆ http://www.cf-seria.com/job2.html


 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe  http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策に 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa  http://www.cf-seria.com/ca2.html 骨太が基本 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC  http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ   http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job      http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が鉄欠乏性貧血改善への第一歩
  ◇Lobb        http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 内臓も育てなきゃいけないんですね・・・

 確かにそれぞれの内臓も筋肉で動いているワケですし、動かすにはエネルギーが要るんですもんね。

 それでなくても、トレーニングでエネルギーやミネラルを消費するのに、

 栄養をしっかり補給しなかったら、カラダの働きは悪くなってしまいます。

 ヤセたいと思う前に、活発に代謝するカラダを作りましょう。

 そういうカラダになれば、自然にヤセていくに違いありません。


 ★山根氏のつぶやき☆★──────────────────────────────────☆

  都内の高級ホテルでアフタヌーンティーというのが流行っているそうだ。ゴージャスな雰囲気に

  浸りながら、軽食やスイートを楽しめるという。どうやら女性に大人気らしい。

  ティーと言えば以前、オーストラリアでハイティーに招かれたことがあった。ティーという言葉の

  イメージとは違って、そこは日本で言うディナーにあたる正式な会食の場だった。

  アフタヌーンティーについて調べてみると・・・元々はイギリス上流階級の女性たちが観劇や

  コンサートの前に開いた軽食パーティー、とある。

  高級ホテルであればこそのアフタヌーンティーというわけだ。

 ☆────────────────────────────────────────────☆


 アフタヌーンティーって、あの三段重ねの銀のトレイに乗っているお菓子やサンドウィッチと一緒に

 紅茶を頂くアレですか・・・? 私には縁遠い、夢のような世界です。(笑)

 イギリス人は何はなくともお茶の時間は大切にするらしいですね〜。

 古今東西、お茶の文化はありますから、生活の一部として大切なのでしょう。

 皆さんのチームでも、たまには「お茶の時間」を設けてみては?

 心のゆとりが生まれるかもしれませんヨ。

 私もこれからお茶しよ〜っと。


 では皆さん、来週もまた元気にお会いしましょう。
セリア通信のバックナンバーはこちら