【 セリア通信 vol.162 】 貧血を繰り返さない《2》貧血=栄養失調?


皆さん、こんにちは。

 10月になっても不安定な天候が続いていますが、皆さんお元気でしょうか。

 国体が開かれているここ千葉県でも、風雨や雷が激しく、

 予定通りに出来なかった競技も多かったようです。

 皆さんも、急激な気候の変化には気をつけて下さいね。


 さて、先週から貧血について特集しています。

 貧血予防には朝食をしっかり食べること、という話でしたね。

 もちろん昼や夜も、バランス良く食べて欲しいんですヨ。

 人よりも沢山カラダを動かすアスリートは、それだけ栄養も必要です。

 今週はそこのところ、もう少し詳しく探ってみましょう。


  *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 ┌──┐
 │・・│
 │"ー"│ 貧血を繰り返さない《2》貧血=栄養失調?
 └──┘


 ◇優れた防御システム◇◆◇……・━━━…・┿

 私たちのカラダには飢餓(きが)に備えた様々な防御システムがあります。その一つが体脂肪です。

 余ったエネルギーは体脂肪として蓄える仕組みになっています。万が一、食べられない状況が続いても

 備蓄した栄養を切り崩して健康を保つことが出来ます。もし、水分補給が出来ない事態に陥っても、

 出来るだけ水分やカラダに必要なミネラルを排出しないように腎臓が調整してくれます。

  ※飢餓:食べ物がなくて飢えること。


 ◇栄養不足が血液に現れる◇◆◇……・━━━…・┿

 飢餓状態は無いにしても、食事バランスを崩し、必要な栄養が足りない状態になっている人はかなり多いはずです。

 特に成長期は沢山の栄養が必要ですから、食事が偏ってしまうとあっという間に栄養不足になってしまいます。

 運動の量も質も毎日違います。コンディションも微妙に違いますね。

 その違いに合わせてきちんと栄養補給すれば問題ないのですが、バランスを崩すと、まず血液に影響が現れます。


 ◇貧血=防御システム◇◆◇……・━━━…・┿

 つまり、貧血は栄養失調の危険信号なのです。イエローカードくらいの警告と理解して下さい。

 カラダを守るために最初に犠牲になるのは血液組織です。例えば、内臓が故障するとカラダの機能が

 著しく低下してしまいます。それを防ぐ為に血液組織がまず犠牲になります。

 貧血になると運動量は低下しますが、しばらくは命の危険はありません。その間に何とか食料を手に入れて

 回復を図るようなシステムになっているのです。


 ◇貧血は体質ではない◇◆◇……・━━━…・┿

 貧血は栄養失調の危険信号だということをきちんと理解して下さい。もし貧血になってしまったら、

 食生活の見直しが絶対に必要だということです。病気でもないのに貧血になるのは、栄養不足であって、

 体質の問題ではありません。親が貧血だから・・・、という相談も多いのですが、それは家族全員の食生活を

 見直すべきなのです。実際に子供の貧血改善をしたら母親の貧血も改善された、というケースが沢山あります。


 ◇薬に頼るな◇◆◇……・━━━…・┿

 栄養不足を改善せず、安易に薬で対処しているだけの人は、いずれまた貧血を繰り返します。薬を多用していると、

 腎臓や肝臓の機能障害を誘発して回復が困難になってしまいます。より強い治療が必要になり、ついには

 カラダを壊してしまう選手も多いのです。

 山さんがサプリメントの必要を感じたのもそうした再生不能に陥る選手を救いたかったからです。


 ◇色々な栄養を摂ろう◇◆◇……・━━━…・┿

 「貧血には鉄」これはあまりにも単純すぎます。血液状態を良くするには鉄分だけでは足りません。

 土台となるタンパク質をはじめ、ビタミンB群、ビタミンC、亜鉛、銅、セレニウムなど栄養も必要なのです。

 もし、血液検査のデータがあったら確認してみて下さい。鉄分不足はヘモグロビン値(血色素)、血清鉄、

 フェリチンなどの値を参考にしますね。一方、栄養失調(根本的な栄養不足)の場合は、ヘマトクリット値が

 40%未満になっています。栄養失調からカラダを守るために血液が犠牲になっているという証拠と言えるでしょう。


 ◇セリアジョブの特長◇◆◇……・━━━…・┿

 セリアジョブはカラダに負担をかけることなく鉄を効率よく吸収するようラクトフェリン、ヘム鉄、有機酸鉄を

 バランスよく配合しました。また、長期間の栄養失調に苦しむ選手のために摂取しにくい微量栄養素を安全に

 補給出来るように工夫してあります。独特な臭いがするのは発酵食品に使われる酵母から発せられるものです。

 カラダにやさしい証拠と思って下さいね。

   ◆セリアジョブはこちら◆ http://www.cf-seria.com/job2.html


 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe  http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策に 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa  http://www.cf-seria.com/ca2.html 骨太が基本 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC  http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ   http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job      http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が鉄欠乏性貧血改善への第一歩
  ◇Lobb        http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素


 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 


 そういえば、病院ではまず血液検査をしますよね。

 血液の状態を調べれば、カラダの状態がほとんど分かるんですね。

 貧血の場合、不足しているのは鉄分だけに限らない、という事も知りました。

 バランス良く食べなきゃ貧血も改善しないんですね。覚えておかなきゃ。


 ┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┏┓
 ┗■┓   山さんのアスリート御膳 【 ウィートビックス 】  ┏■┛
  ┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■┛


 ニュージーランドの定番シリアル。どのご家庭でも朝は必ずウィートビックスです。

 そのあとにトーストを食べるのが一般的な朝食です。小麦全粒粉で出来ているので

 炭水化物はもちろん、ビタミンB群やミネラルも豊富です。

 これにヨーグルトやハチミツ、ジャム、バナナなどをトッピングして牛乳をかけて食べます。

 ラグビー世界一のナショナルチーム「オールブラックス」のオフィシャル朝食なんですよ。

 それくらい浸透している朝の定番です。皆さんもぜひお試しあれ。

    Weet-Bixのホームページ http://www.weetbix.co.nz/


 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

 さすが、海外旅行から帰国されたばかりの山さん、

 まだ気分はオージー&キウイですねぇ。(笑)

 シリアルを四角に固めたようなヤツですね! 私も食べたことあります。

 へぇ〜、オールブラックスの人達も食べてるんだ・・・

 日本でも輸入食品を扱っているお店で購入できるみたいです。

 ぜひ、見つけたら試してみて下さいね。


 気温の差に振り回されないよう、今週も体調管理をしっかりお願いしまっス。

 そして、秋の味覚もバッチリ堪能して下さいね。

 それでは、どうかお元気で。
セリア通信のバックナンバーはこちら