【 セリア通信 vol.222 】アスリートが冷え性に? 3『深呼吸のススメ』



 皆さん、こんにちは。

 11月も終わりに近づいて来ました。

 なんだか早いですねぇ、一年が過ぎるのは。

 今年を振り返りつつ、あと一ヶ月を有意義に過ごしたいですね。


 駅伝の選手の皆さんは、これからが本番、という人が多いはず。

 コンディションはいかがですか?

 トレーニングの成果を発揮する為にも、体調万全で臨んで下さいね。

 
 ◆◇本日のメニュー◇◆

   1. アスリートが冷え性に? 3『深呼吸のススメ』

   2. 山根氏のつぶやき



 冷えと深呼吸?  

 何だか関係なさそうな気がしますけど、
 
 山さんの話、聞いてみましょう。


  *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

 ┌──┐
 │・・│
 │"ー"│ アスリートが冷え性に? 3  『深呼吸のススメ』
 └──┘


 ◇緊張で手が冷たくなる◇◆◇……・━━━…・┿

 合唱団に所属している山さんは、年に数回、ホールのステージに立つ機会があります。

 また、二年に一度、オーストラリアとニュージーランドへ演奏旅行に出かけます。

 スポーツのように勝ち負けこそありませんが、演奏はやり直しのきかない一発勝負です。

 一瞬に賭ける思いはスポーツと共通するのではないでしょうか。

 そんな山さん、実は演奏前に手が冷たくなってきます。

 時が迫るにつれて眠くなり、手足が冷える。頑張らなきゃと思うと、足の指がつったりします。

 いずれも緊張すると現れる症状です。いつも偉そうなこと言ってる割には、情けない話です。

 本番前には、靴を脱いでストレッチ。やっぱりスポーツの試合前に似た事をしてしまいます。


 ◇食べて温まる◇◆◇……・━━━…・┿

 ロードレースやマスターズ水泳大会に出場する時も、同じように手足が冷たくなります。

 ウォーミングアップをすると、暑くて汗だくなのに、手足は冷えるんです。

 スタート台からプールに飛び込んだ瞬間、両足のふくらはぎがつってしまった事もありました。

 こんな場合は早々にアップを切り上げ、ジャグジーへ入り、まず冷えたカラダを温めます。

 カラダがほぐれたらウォーマーなどを着込んで冷えないようにします。

 そして、食べるんですよ、カラダを温める食べ物を・・・

 雑穀米のおにぎり。具は鮭です。ゆで卵も良いですね。

 タンパク質を食べるとカラダが温まりやすくなります。

 また、ビタミンB群を補給すると、エネルギーを作りやすくなるので、雑穀米にしています。 

 さらにセリアFeを摂ってビタミンB群を十分に補います。

 昔から緊張に弱い山さんは、大事な試合やコンサートの時にも、それらの食べ物を用意して、

 本番に臨んでいるのです。

   ◆セリアFeはこちら◆ http://www.cf-seria.com/fe2.html


 ◇冷えは緊張のしるし◇◆◇……・━━━…・┿

 緊張すると体調をコントロールする自律神経系を介して指令が全身に伝わります。

 戦いに備えて、外敵から身を守る防御態勢をとるのです。

 その指令を受けると、末端の血流をストップさせてしまいます。ですから冷えるのです。

 試合の前などに手足が冷えるのは、決して悪いことではありません。

 ただ、山さんのように過剰反応して、足がつるようでは勝負も出来ませんね。

 このようなカラダの仕組みを理解した上で、自分なりに試合前の過ごし方を考えてみて下さい。

 ところで、試合前ならともかく、普段から冷えやしびれがあると憂鬱ですね。

 冷えの仕組みは緊張時と同じです。何らかのストレスが原因となっているのだと思います。

 常に自律神経系のスイッチがONのままだから、手足が冷たくなるのです。
 

 ◇深呼吸のススメ◇◆◇……・━━━…・┿

 冷えが気になる人はまず、三つの首(手首・足首・首)を温かくして過ごしましょう。

 そして、タンパク質をしっかり食べるように心がけましょう。

 さらに、深呼吸をしてみて下さい。ストレスや緊張などが続くと呼吸が浅くなるからです。

 呼吸が浅い人は、カラダを弛(ゆる)ませることがなかなか出来ないのです。

 次のような経験はありませんか。

 ・レースで、すぐに息が上がってしまって走れなかった。
 ・練習では走れているのに、レースで過呼吸を起こしてしまった。
 ・お腹を壊しやすかったり、トイレがいつも気になる。
 ・いざという時に普段の力が発揮出来ない。

 歌う時にも同じようなことがあります。本番になると息が続かないんです。

 すべては緊張が原因です。カラダをリラックスさせるには深呼吸がとても有効です。

 リラックスしている時と手足が冷たい時の呼吸数を数えてみましょう。

 手足が冷たい時は、きっと呼吸数が多いはずです。そんな時は大きく深呼吸をしましょう。 
 
 姿勢を正して大きく深く、を繰り返します。それだけで手足の血行がだいぶ良くなります。

 皆さんも是非、試してみて下さい。


  *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


 緊張すると手先が冷たくなる・・・ハイ、その通りです。

 私はピアノを弾くので、大変困るのです。

 でも、カラダの仕組みとしてそうなるんだ、という事が分かりましたから、

 これからは、深呼吸をして本番に臨むようにします。

 そう思うだけで、少し楽になりました。(笑)



 ★山根氏のつぶやき☆★──────────────────────────────☆

  買い物に出かけたスーパーで、見覚えのある方に挨拶をした。

  ところが、その方はビックリ顔。どこかでお会いしている方に間違いはなかった。

  咄嗟には思い出せなかったが確かに知ってる人だ。でも、思い出せない。

  一体、どこのどなただったのだろう。

  数日後、ランニング中に思い出した。時折、走るコースですれ違うご婦人だった。

  大きな犬たちを引き連れて散歩されている方だったのだ。

  思えば、その大型犬に負けない頑丈そうなカラダつきが頭に残っていたようだ。

  いつも逃げるように走り去っていたので、顔まではよく見ていなかったのかも知れない。

  これもサブリミナル効果なのだろうか。すり込まれていた自分に吹き出してしまった。

 ☆────────────────────────────────────────☆


 顔をよく憶えていなかったのに、挨拶しちゃったんですか〜?

 でも、直感的に「知ってる人だ」と反応したんですね。ある意味スゴイです。(笑)

 ジョグ中によく見かける人を、別の場所で見てもなかなか思い出せない、

 という経験はよくあります。

 時には、知らない人に「いつも走ってる人でしょ〜?」なんて声を掛けられる事も。

 意外に見られてるんだなァ、悪い事は出来ないなァ、と思います。(笑)



 先日、天皇陛下がマイコプラズマ肺炎で入院されました。

 今年はこの病気に感染する人がずいぶん増えているそうです。

 他の病気まで引き起こすおそれがある、怖い肺炎です。

 咳がひどく、高熱が出た場合は、病院で診察してもらって下さい。

 集団感染もある、との事ですので、周りの人の為にもね。


 それでは、来週までどうかお元気で。

 手洗い&うがいも忘れずに〜。



 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe  http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策に 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa  http://www.cf-seria.com/ca2.html 骨太が基本 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC  http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ   http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job      http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が鉄欠乏性貧血改善への第一歩
  ◇Lobb        http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら