【セリア通信vol.399】骨を丈夫に#3【ビタミンK】



 お元気ですか?

 コジュケイの鳴き声を
 ご存知ですか??
 ピピピっ、ピピピっ、ピピピっ・・・
 何度も繰り返しながら、
 クレッシェンドします。
 最後にだめ押し、
 ピピピっ!
 田舎暮らしは早起き暮らし。
 やかましくて寝てられませ〜ん。

 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 骨を丈夫に#3【ビタミンK】
 2 季節のピンポイントあどばいす 【お腹の調子はいかが?】
 3 山サンのつぶやき

  関西人に多くて、
 関東人に少ないものって、
 な〜んだ!?

 *…*────────────────────────────────────── *…*
         骨を丈夫に#3【ビタミンK】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆あなたは食べますか?◆

 ヒントは納豆です。
 食べる、
 食べないで
 大きな違いが生じます。
 それは地域差となって
 現れるほどです。
  あなたは納豆、
 食べますか?
  
 ◆その差が骨に現れる◆

 答えは、骨粗しょう症です。
 関西に比べ、
 関東の発症率が
 低いことが分かっています。
 その原因は
 納豆に含まれる栄養素、
 ビタミンKにありました。

 ◆土台固めの栄養素◆
 
 ビタミンKは
 骨の骨組みとなる
 タンパク質づくりを助けます。
 ココがポイント。
 土台がしっかりしないと
 丈夫な骨になりませんね。
 大事な基礎固めに必要なのが
 ビタミンKなのです。
  
 ◆腸内細菌も活躍◆
 
 腸内細菌も
 ビタミンKをつくります。
 私たちのカラダは
 食事から摂る分と
 腸内細菌が作り出すものを
 合わせて利用します。
 腸の健康も
 骨に影響するのです。
    
 ◆納豆食べて骨を丈夫に◆
 
 高タンパク、
 低脂肪、
 しかも、ビタミンKが豊富。
 
 骨を丈夫にするには、
 これ以上の食品はありません。
 毎日、毎食の食卓に
 納豆を用意しましょう。
 
 納豆嫌いな皆さん、
 無理は禁物です。
 焦らないで下さい。
 その分、ホウレン草や小松菜など
 青菜をしっかり食べましょう。
 納豆ほどではないけれど、
 ビタミンKを補給できます。
 (山根)
 
   ◆セリアCaはこちら◆ http://www.cf-seria.com/ca2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【お腹の調子はいかが?】
 
 お腹の調子は、どう?
 環境が変わって
 緊張の毎日。
 そんな皆さんから増えるのが
 お腹の相談なんだ。
 便秘や下痢など
 症状は人それぞれ。
 心とお腹は連動しやすから
 異変が現れやすいんだよ。
 大事なのは生活のリズム。
 出る、出ないは別にして、
 とにかく目覚めたらトイレに行こう。
 カラダにリズムを覚えさせるんだ。
 そうすればカラダが付いて来るから。
 しばらく大変だけど、
 カラダに言い聞かせる努力をしてみよう。
  (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 記録への期待は
 本人が一番に決まっている。
 スタートラインを前にして
 激しく脈打つ鼓動は
 自分では抑えようも無い。
 そういう瞬間を迎えられるって
 良いなぁ。
 羨ましい。
 チキショー!
 
   * * * * * * * * * * * * * * * *

 ラグビー日本代表が
 白星発進しました。
 ワールドカップまで
 あと4ヶ月余り。
 一戦一戦、
 強く逞しくなって欲しい。
 とにかくケガや故障も無いようにと、
 心から祈っています。
 皆さんもぜひ、ご注目下さい!
 では、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb      http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら