【セリア通信vol.400】骨を丈夫に#4【マグネシウム】




 お元気ですか?

 おにぎらずって、
 ご存知ですか??
 握らない、おにぎりなんです。
 ごはん少なめ、
 おかずたっぷりめ。
 握らないから、とっても衛生的。

 ネットで検索すると
 レシピも盛りだくさん。
 ぜひ、お試し下さい。

 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 骨を丈夫に#4【マグネシウム】
 2 季節のピンポイントあどばいす【イライラに注意】
 3 山サンのつぶやき

 カルシウムと共に
 骨をつくっている大事なミネラル。
 それがマグネシウム。

 *…*────────────────────────────────────── *…*
         骨を丈夫に#4【マグネシウム】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆バランスが大事◆

 骨の健康には
 カルシウムはもちろん、
 マグネシウムも大切です。
 お互いに作用して
 丈夫な骨をつくります。
 ところでマグネシウムって、
 一体、何から摂取できるのでしょうか?
  
 ◆魚介・海草・野菜・豆◆

 新鮮食材に恵まれた日本は
 マグネシウム天国です。
 魚介類や海草類を
 毎日たっぷり食べましょう。
 野菜や豆類にも豊富です。
 好き嫌いせず、
 しっかり食べましょう。

 ◆ナッツのヒミツ◆
 
 マグネシウムは
 アーモンドなどの種実類や
 雑穀類、玄米などの
 丸ごと食品に豊富です。
 これらはグラノーラなどの
 シリアルにも使われていますね。
 精白されてしまうと
 少なくなってしまいます。
 あなたは丸ごと食品、
 食べていますか?
  
 ◆大事なミネラル◆
 
 マグネシウムは
 骨の形成に欠かせません。
 また、筋肉の動きや
 神経伝達にも関わっています。
 不足すると心臓や
 血管に負担をかけ、
 血圧が上昇します。
 健康を守る上でも
 大切なミネラルです。
    
 ◆セリアCaにも配合◆
 
 セリアCaには
 骨の強化を考えて
 マグネシウムも配合しました。
 
 中高生の骨を丈夫にするために
 いち早く製品改良に取り組みました。
 多くのアスリートに、
 ご愛用頂いております。
 
 セリアCやリベロとの組み合わせがおススメです。
 どうぞ、ご利用下さい。
 (山根)
 
   ◆セリアCaはこちら◆ http://www.cf-seria.com/ca2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【イライラに注意】
 
 早くも日本海側で
 フェーン現象が観測されたね。
 南風が山を越え、
 暖かく乾いた風を吹き下ろし、
 気温をどんどん上昇させてしまうんだ。
 4月の北海道で夏日だなんて、
 カラダもココロもビックリしちゃうよね。
 フェーン現象に見舞われると
 熱中症で倒れたり、
 イライラしたりで
 トラブルが多発するだって。
 交通事故が増えると言う報告もあるんだ。
 まだまだ季節の変わり目だから、
 ご用心、ご用心。
 心を落ち着かせよう。
  (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 早くも大型連休に突入。
 行き交う車が
 どこか浮き足立って見える。
 羨ましいなぁ。
 でも、笑顔の人たちと
 すれ違うのは悪くない。
 良いんじゃないかなぁ。
 こういうの。
 
   * * * * * * * * * * * * * * * *

 庭の草刈りに悪戦苦闘しました。
 春の長雨が止んだら、
 あっという間に育っちゃいました。
 油断禁物。
 毎日、コツコツ刈るしかないですね。
 練習も同じでしょうか。
 まだまだシーズン始めです。
 焦らず、コツコツ行きましょう。
 コツコツと。
 では、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb      http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら