【セリア通信vol.415】夏バテの予防と対策#2【内臓を元気に】



 皆さん、お元気ですか?
 
 合宿先から
 お便りを頂きました。
 素晴らしい環境の中で
 思う存分、
 走っているそうです。
 北海道って思うだけで、
 涼やかな気分になれますね。
 ありがとうございました。
 秋の、ご活躍を楽しみにしています。
   
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 夏バテの予防と対策#2【内臓を元気に】
 2 季節のピンポイントあどばいす【寝る直前に】
 3 山サンのつぶやき

 朝から気が重くありませんか?
 それが夏バテです。

 *…*────────────────────────────────────── *…*
         夏バテの予防と対策#2【内臓を元気に】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆無症状のまま進行◆

 筋肉や骨、
 関節などの傷みは、
 腫れや痛みなどの
 症状に現れます。
 ところが、
 内臓疲労は
 無症状のまま進行します。
 おかしいなぁ、
 と思ってからでは
 手遅れです。
   
 ◆内臓も働き詰めに◆

 筋破壊に伴い
 たくさんの酵素やタンパク質が
 血液中に流れ出ます。
 練習の質や量が増えると
 その量も多くなります。
 そのため、
 血液を浄化するために
 腎臓や肝臓が
 働き詰めになります。
  
 ◆気怠く、重い◆
 
 内臓疲労は
 日常活動に影響します。
 朝から気怠く感じたり、
 起きているのがしんどいほど
 やたらと眠くなったります。
 放っておくと、
 無気力になりやすく、
 根気がなくなります。
 競技に対する
 モチベーションも低下します。
 
 ◆内臓を元気にする◆
 
 キュウリ、ナス、ニガウリなど、
 カリウムの豊富な
 夏野菜をしっかり食べましょう。
 代謝が活発になり、
 腎臓が元気になります。
 肝臓には、
 お味噌汁です。
 魚介の出汁には
 肝臓の疲労回復に必要な
 アミノ酸がたっぷり含まれています。
    
 ◆ロブのヒミツ2◆
 
 疲労回復を考えて、
 数種類のアミノ酸ペプチドを
 配合したセリア・ロブ。
 中でも一番の特長は
 アンセリンの配合です。
 カツオから抽出した
 うま味成分の一種。
 優れた抗酸化作用や
 抗疲労効果が認められた
 イミダゾールジペプチドの仲間として
 今もっとも注目されている栄養です。
 (山根)
 
   ◆セリアLobbはこちら◆ http://www.cf-seria.com/lobb2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【寝る直前に】
 
 アイス枕、
 試してみた?
 ぐっすり眠れたでしょ!
 さらに、もっと深イイ睡眠法を
 教えよう。
 寝る直前に、
 入浴するんだ。
 一旦、カラダを温めておいて、
 それからアイス枕で寝れば、
 深〜い、深〜い眠りに入れるんだよ。
 お風呂がイヤなら、
 温かいシャワーでもイイんだ!
 スッキリ目覚められるから、
 やってみよう。
  (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 シンクロの井村コーチの言葉が
 耳に残って離れない。
 「あの子たち、戦う選手になってきた」
 その違いは何だろうか。
 何が選手たちを変えたのか。
 それが分かれば、
 指導者になれるのかも知れない。
  
   * * * * * * * * * * * * * * * *

 こちらも猛暑続きですが、
 朝晩は涼しい風が吹きます。
 近場の避暑地として、
 話題になっています。
 皆さんもぜひ、
 外房へお越し下さい。
 勝浦合宿なんて如何ですか?
 
 では、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら