【セリア通信vol.452】ジュニア期のスポーツ栄養#4【骨を丈夫に】



 皆さん、
 お元気でしたか?
 
 みなさんは
 疲労骨折の経験が
 ありますか?
 
 まさか自分が!?
 それはそれは
 ショックでした。

 でも、今なら分かります。
 食事がひどかった・・・。

 骨のことで
 つまずかないための
 ヒントをご紹介します。

 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 ジュニア期のスポーツ栄養#4【骨を丈夫に】
 2 季節のピンポイントあどばいす【昼食がポイント】
 3 山サンのつぶやき

 食事を変えれば
 カラダも変わります。
 たった今から、変えてみよう。
 
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         ジュニア期のスポーツ栄養#4【骨を丈夫に】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆おごるなかれ◆

 日本人は
 あらゆる世代で
 カルシウム不足です。
 あなたはもちろん、
 監督も
 コーチも
 栄養士さんにも、
 不足の疑いがあります。
 自分は大丈夫だなんて
 思わないことから
 始めましょう。
 
 ◆毎日毎食カルシウムUP◆

 骨の材料となる
 カルシウムは
 毎食摂りましょう。
 もともと吸収されにくい
 栄養素だからです。
 いっぺんに
 摂ろうとしても
 殆どが無駄になります。
 毎日毎食少しずつ
 摂るのがコツです。
 
 ◆4品を欠かさない◆
 
 1、乳製品
 2、大豆製品
 3、小魚・海藻
 4、野菜
 1〜4が
 合わされば
 少量ずつでも
 十分です。

 朝食なら、
 1、ヨーグルト
 2、豆腐のみそ汁、
 4、小松菜のおひたしに
 3、桜えびを振りかければ
 出来上がりです。
      
 ◆吸収を助ける食品◆
 
 A、イワシ・カツオ・マグロ
 B、納豆・レバー・ブロッコリー
 Aには吸収を助けるビタミンD、
 Bには同じくビタミンKが豊富です。
 朝食には納豆を
 お弁当にはマグロやカツオの角煮を
 
 揃えるだけでOKです。
 角煮や納豆なら、
 寮生でも
 買い揃えられますね。
       
 ◆プラスα◆
 
 セリアCaは
 もっとも吸収の良い
 ミルクカルシウムが主原料です。
 マグネシウムを配合し、
 ビタミンDも強化しました。
 さらに、
 カルシウムの吸収を助ける
 CPP(カゼインホスホペプチド)
 を配合しました。
 食事バランスUPの一助に
 ぜひ、ご利用下さい。
 丈夫な骨を育てましょう!
 (山根)
 
   ◆セリアCaはこちら◆ http://www.cf-seria.com/ca2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【昼食がポイント】
 
 この春から
 寮生活を始めたみなさん、
 お元気ですか?
 スタートダッシュで
 つまずかないように
 気をつけよう。
 
 意外に差がつくのは
 昼食なんだ!
 生協やコンビニで
 好きなものばかり食べていると
 あっという間に
 走れなくなるぞ・・・
 工夫しながら自炊したり、
 定食を選ぶ選手とは
 明らかに
 差が広がっちゃうぞ。
 アスリートの自覚を持って
 昼食もしっかり食べようね。
 (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 母校の野球部が
 春の高校野球、
 初のベスト16入り。
 そこには、
 かつての名門、
 銚子商業や
 習志野高校の
 名前がなかった。
 後輩の快進撃より、
 そのことが淋しい。

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 インターハイ予選が始まりました。
 青春を賭けた大一番!
 思い通りに走れるよう、
 祈っています。
 
 では、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら