【セリア通信vol.481】冷え性を克服しよう#3【タンパク食品をプラスしよう】



 皆さん、お元気でしたか?
  
 全国高校駅伝大会の出場校が出揃いました。
 初出場は女子4校、男子はたった1校です。
 駅伝は常勝チームに選手が集まりやすく、
 壁となって他チームを寄せ付けない傾向があります。
 厳しい条件の中で勝ち抜いた選手たちの走りに期待しましょう。
 
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 冷え性を克服しよう#3【タンパク食品をプラスしよう】
 2 季節のピンポイントあどばいす【口から予防しよう】
 3 山サンのつぶやき

 タンパク質は約30%が熱エネルギーに換わります。
 それはお肉に限ったことではありません。
 冷え性対策は高タンパク食!
 
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         冷え性を克服しよう#3【タンパク食品をプラスしよう】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆朝食なら◆
 
 まず、朝食で考えてみましょう。
 ごはん、納豆、お新香、お味噌汁、卵、海苔・・・。
 これにタンパク質を多く含む食品をプラスします。
 焼き魚、ハムエッグ、佃煮などが揃えば素晴らしい。
 ソーセージや牛のしぐれ煮など
 お弁当用のおかずが余ったら、
 それでも良いですね。

 ◆パン食なら◆

 朝はパン食という方も
 高タンパク食を意識しましょう。
 パンにジャム、牛乳だけでは
 カラダは温まりません。
 ハムエッグやソーセージ、
 ツナサラダや蒸し鶏のサラダなど
 副菜が高タンパクになるように工夫しましょう。

 ◆冷え性の方の食事嗜好◆

 冷え性の方を調べてみると
 食事嗜好に特徴があります。
 健康志向が強く、
 野菜や果物を好んで食べますが、
 お肉を敬遠する傾向があります。
 朝は野菜ジュースやスムージーだけだったり、
 パンと野菜サラダという食事が多いようです。

 ◆甘さを欲する傾向◆
 
 冷え性になると「甘さ」に対して敏感になりがちです。
 これは「甘さ=エネルギー」として
 カラダが欲しているからです。
 菓子パン類が好きだったり、
 スイーツに目がなかったりします。
 この状態は決して健康とは言えません。
 カラダが守りに入っている状態だからです。
         
 ◆攻めのカラダに◆

 カラダが冷えると、
 抵抗体力が低下します。
 感染症などにも罹りやすくなり、
 競技面でも本来の能力が発揮されません。
 
 特に気をつけたいのが朝ごはんです。
 食べるか、食べないかで体温はぜんぜん違います。
 食べない人は日中の活動体温が上がりません。
 
 その上で何を食べるかが大きく影響します。
 今までの食事にタンパク食品をプラスするだけで、
  熱エネルギーの発生が増えるのです。
 ぜひ、試してみて下さい。
  (山根)
 
   ◆セリアFeはこちら◆ http://www.cf-seria.com/fe2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【口から予防しよう】
 
 唾液には抗菌作用のある物質があるんだ。
 リゾチームって聞いたことある?
 風邪薬にも配合されているんだ。
 セリア・ジョブの主成分ラクトフェリンも
 唾液に含まれる抗菌物質なんだよ。

 口が乾燥すると
 これらの抗菌成分が効かなくなるんだよ。
 粘膜も剥がれ落ちやすくなって、
 感染しやすくなっちゃうんだ。
 出来るだけ口内の湿度を保つようにしたいよね。
 こまめに水分補給したり、マスクをつけるのもイイね。
 寝ているときに口を開けてしまう人は要注意!
 口を閉じて鼻呼吸出来るよう
 練習してみよう。
  (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 高校ラグビー東京都予選第二地区決勝は
 前後半共に互角の戦いだった。
 60分間の死闘の末、
 迎えたノーサイド。
 代表校は抽選で選ばれた。
 両校の戦いに拍手を送りたい。
 
   * * * * * * * * * * * * * * * *

 九州場所が開幕しましたね。
 豪栄道の綱取りに注目したいのですが、
 あまりプレッシャーはかけたくないですね。
 頑張って欲しいなぁ。

 ではまた、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら