【セリア通信vol.446】アスリートのダイエット#2【スタミナアップのダイエット】

2016年3月15日

 皆さん、
 お元気でしたか?
 
 名古屋ウイメンズマラソン、
 終盤のデットヒートに
 思わず手に汗握ってしまいました。

 卓球、バドミントン、マラソンなど
  女性アスリートの活躍には
 目覚ましいものがあります。
 
 だからこそ、
 そのカラダを守らねばと
 思っています。
  
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 アスリートのダイエット#2【スタミナアップのダイエット】
 2 季節のピンポイントあどばいす【春になったら、貧血注意!】
 3 山サンのつぶやき

 しぼり込み期とは言え、
 スタミナは充実させたいですね。
 そのための、ひと工夫。
 
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         アスリートのダイエット#2【スタミナアップのダイエット】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆止めよう、ごはん抜き◆

 食事や、
 ごはんを抜くのは
 絶対に止めましょう。
 スタミナ切れを起こし、
 練習に集中出来ません。
 ケガや故障、
 貧血のリスクも
 一段と高まります。
 せっかく育てたカラダを
 痛めつける行為です。
   
 ◆ごはんも必要◆

 日本では
 ごはんが主食です。
 ダイエットのためとは言え、
 主食を抜けば
 栄養バランスが崩れます。
 ごはん抜きで、
 カロリーオフではなく、
 ごはんを食べて、
 燃やせるカラダにするのが
 正しい考え方です。
 
 ◆カギとなる栄養1◆
 
 正しいダイエットの
 カギを握るのは
 食物繊維です。
 糖の吸収を
 ゆるやかに保ち、
 余すことなく
 エネルギーとして
 燃やします。
 燃焼を促進する
 ビタミン類も豊富です。
   
 ◆カギとなる栄養2◆
 
 燃焼効率を高める
 「補酵素」として働くのが
 ビタミンB1です。
 豆類、種実類、
 キノコ類、
 豚肉などに多く含まれます。
 納豆や豆腐、ゴマ、
 シイタケなどを上手に
 食事に取り入れましょう。
 玄米や雑穀米なども
 おススメです。
     
 ◆燃えやすいカラダ◆
 
 食物繊維と
 ビタミンB群をしっかり摂れば、
 食事量を変えなくても
 燃えやすいカラダへ
 変えることが出来ます。
 ごはんの量を考える前に
 ぜひ、取り組んで下さい。

 後半のスタミナ切れに関する
 ご相談が増えています。
 その殆どが、
 スタミナ切れを心配するあまりに
 糖質ばかりを取り過ぎていました。
 エネルギー満タンでも、
 燃やす栄養が足りないために
 スタミナ切れになったのです。

 ダイエットもスタミナアップも
 ポイントは食物繊維とビタミンB群です。
 覚えておいて下さい。
 (山根)
 
   ◆ビタミンB群を強化したセリアFeはこちら◆ http://www.cf-seria.com/fe2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【春になったら、貧血注意!】
 
 厳しい冬期トレーニングも
 あと、もう少しの辛抱です。
 春合宿が終わったら、
 大会目指して調整しましょう。

 その前に
 貧血にご用心!
 冬の走り込みで
 血液もボロボロになってるんだよ。
 栄養と休養が不十分だったら、
 回復出来ずに
 貧血になっているかも知れないぞ。
 その前に、チェックしておこう。
 もし、貧血だったとしても
 今からなら未だ間に合うから。
 いつでも相談してね。
 (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 我が家に
 アーモンドの花が
 咲きました。
 去年より、
 少しだけ花が増えている。
 植物が苦手な僕には
 それが嬉しい。
 
   * * * * * * * * * * * * * * * *

 東農大1年生の清水萌衣乃選手が
 世界学生クロカンで銀メダルに輝きました。
 しかも日本チームは団体戦で金メダル。
 後輩の活躍は嬉しいですね。
 目指せ、東京五輪!
 
 では、来週。


   セリアの紹介
セリアFe セリアジョブ
セリアCa セリアリベロ
セリアC セリアロブ
セリアサプライズ

セリア通信のバックナンバーはこちら