【 セリア通信 vol.160 】自己ベスト更新に向けて《4》ダメージを残すな


皆さん、こんにちは。

 連休はどうお過ごしでしたか?

 トレーニング三昧? さすがですね〜っ。


 ところで今日は何の日か、御存知ですか?

 ニュージーランドとオーストラリアへ出掛けていた山根さんが帰国する日です。

 各地での演奏会はどうだったのでしょうね〜。お土産話をたっぷり聞かせてもらわなきゃ。

 まずは帰途の無事をお祈りしましょう。


 今度は皆さんが大切な本番に臨む番です。

 今週は山さんが御自身の痛〜い経験を交えて、ケアの必要性を訴えています。

 自分のカラダを鍛えるのも守るのも、責任は自分にあります。

 よく読んで、自己管理が出来るアスリートになっちゃいましょう。


  *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 ┌──┐
 │・・│
 │"ー"│ 自己ベスト更新に向けて《4》ダメージを残すな
 └──┘


 ◇それはレースの翌日だった◇◆◇……・━━━…・┿

 20年余り前のこと。10マイルレースで自己ベストを更新した私は、翌日いつものように仕事に出かけました。

 当時はトレーニングマシーンのメンテナンスをやっていたんです。都内大手のスポーツクラブを訪ね、

 点検整備をしていました。その日は新しいクラブに大型マシーンを納品する仕事。相棒と一緒に200キロは

 あろうかというウエイトを持ち上げた瞬間、腰から崩れ落ちてしまったのです。

 相手に怪我がなかったこと、真新しい壁や床を傷つけなかったことが幸いでした。


 ◇レース後のケア不足◇◆◇……・━━━…・┿

 医師の診断によると第四、第五腰椎の間がつぶれてしまったとのこと。中高時代からの無理や通勤ランが

 負担になっていたかも知れません。ただ、直接の原因はレース後のケア不足です。

 今まで経験したことのない速さで走ったので、カラダにも無理がかかったはず。それなのに、喜びのあまり

 クールダウンもせず、ケアもせず、勝手にイイ気になっていたのがいけなかったのです。

 疲労が溜まっていたのに不用意に持ち上げた結果でした。


 ◇バランスアップをはかる◇◆◇……・━━━…・┿

 一時は腰痛を理由にスポーツを諦めかけました。でも、やっぱり運動したかったんです。

 そこで、腰痛を抱えていても動けるんだという見本を示そうと、トレーニング再開しました。

 今ではバランス良く色々なスポーツをやるようにしています。少しでもバランスを崩すと腰痛が発症するので、

 私にとっては腰痛が身体バランスのバロメータになっています。最終目標は思うように走れるカラダ。

 「運動+栄養(食事とセリア)+休養+睡眠+ケア」を常に心がけています。


 ◇好調の時こそ注意◇◆◇……・━━━…・┿

 スポーツ愛好家なら怪我や故障とも上手に付き合えるでしょう。でも、限界ぎりぎりまで絞り込むアスリートの

 皆さんにとっては、致命傷になりかねません。絶好調で自己ベスト連発している時は要注意。

 人生最大のダメージがカラダにかかっているからです。経験のない負荷が肉体にも精神にも襲いかかっています。

 日々の疲れを残さず、カラダを回復させないと、どんどん消耗していきます。


 ◇山頂にいるからこそ◇◆◇……・━━━…・┿

 逆にこの状態からきちんと回復させることが出来たら、強くて丈夫なカラダが出来上がります。

 自己ベストを出した今は山の頂上にいるのと同じです。そこは狭くて不安定な場所ですね。

 しっかり休んで更なる頂きを目指す人と、不用心から滑り落ちてしまう人、その差は大きいんです。


 ◇故障は命を守るメカニズム◇◆◇……・━━━…・┿

 肉体や精神にたとえ大きな負荷がかかっても「栄養(食事とセリア)+休養+睡眠+ケア」を十分に実践できれば、

 カラダはどんどん丈夫で健康になります。更に競技能力も高まることでしょう。

 一方、練習だけ頑張って、カラダを放置していたらどうなるでしょう。また、負荷が大きくなっているのに

 何も対処しなかったらどうでしょう。人のカラダも脳も命の危険を察知して対処するように働きかけます。

 例えば、骨折も貧血もカラダを危険から回避させるための最終手段なのです。

 動けなくなれば、死ぬことはないからです。


 ◇経験を活かして更なる頂きへ◇◆◇……・━━━…・┿

 秋の試合やレースはまだまだ本番ではありませんね。これから始まる本戦に備えて良い経験を積んで下さい。

 良い経験こそが力になるからです。自己ベスト更新は通過点に過ぎません。

 皆さんの目標とする大会、更なる頂きを目指すために、どうしたら良いのか、ここで復習してみましょう。

  1 レースプランを立てよう
  2 テーパリングを入れよう
  3 ゲネプロ(通し稽古)でイメージを確かめよう
  4 ダメージを残さない(ケアの必要)

 私も何事にも十分な準備で臨み、きちんとアフターケアを心がけます。まだまだ成長出来ると信じて。


 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe  http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策に 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa  http://www.cf-seria.com/ca2.html 骨太が基本 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC  http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ   http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job      http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が鉄欠乏性貧血改善への第一歩
  ◇Lobb        http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素


 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 

 後悔先に立たず、ですね。

 トレーニングやレースが終わった開放感で、おろそかになってしまいがちなアフターケア。

 そこがアナタにとって一番欠けているところかもしれませんヨ。

 ぜひとも見直してみて下さいね。


 ★山根氏のつぶやき☆★──────────────────────────────────☆

  皆さんにこのセリア通信が届く頃。私が乗った飛行機がニュージーランドを出発しているはずです。

  今回はNZ航空を利用した関係で昨日豪州シドニーを発ち再びオークランドに戻ってきました。

  今朝8時30分発で16時10分成田着予定。昼間の飛行機で帰国するのは久々です。

  時差を考えると10時間余りのフライト。各地での演奏会やホームステイの思い出をメンバーと

  語らいながら思いっきり楽しもうと思っています。

  帰国後もしばらくはボーッとしているかも知れません。そんな私を見かけたら叱って下さいね。

  では、競技場でお会いしましょう。

 ☆────────────────────────────────────────────☆


 ハイ、ボーッとしてたら喝(カツ)を入れてあげます。(笑)

 皆さんの試合が気になって、そんなヒマはないと思いますけど。

 きっと沢山の素晴らしい経験をお土産に帰国されるはず。

 皆さんも旅の様子を聞いてあげて下さいね。

 しゃべりたくてウズウズしてるかもしれませんから!


 皆さんが上手にコンディショニング出来て、

 自己ベスト更新が達成できるよう、お祈りしています。

 達成出来たら、ぜひ教えて下さいね! 楽しみにしています。


 では、来週までどうかお元気で。

 GOOD LUCK!
セリア通信のバックナンバーはこちら