【 セリア通信 vol.161 】貧血を繰り返さない《1》鉄を摂っているのにナゼ?



 皆さん、こんにちは。

 お彼岸が過ぎ、やっと涼しくなりました。

 急に気温が下がってしまい、体調管理にも気を抜けませんね。

 風邪気味です〜、という人はいませんか?

 夏のトレーニングを経て、いよいよこれから、という時に、

 つまづかないよう、気をつけて下さいね。


 山根さんも合唱団の演奏旅行から帰って来ました。

 きっと引く手あまたで、あちこちからお声が掛かっている事でしょう。

 お土産話を喋りたくてウズウズしているかもしれません。


 さて、寄せられる相談で圧倒的に多いのは、やはり貧血のようです。

 長距離選手にとっては、貧血にならない事が最重要課題です。

 セリア通信でも、何度も採り上げて来ました。

 貧血の原因は意外に沢山あるようです。それに気づかなければ改善には繋がりません。

 これから数回にわたって、色んな角度から、貧血について探っていきましょう。


  *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 ┌──┐
 │・・│
 │"ー"│ 貧血を繰り返さない《1》鉄を摂っているのにナゼ?
 └──┘


 ◇なぜ繰り返すのか?◇◆◇……・━━━…・┿

 記録的な猛暑もようやく落ち着きましたね。本当に毎日暑い中、練習ご苦労さまでした。

 色んなチームから山さんの元に、今年の選手たちはよく頑張っている、という声が届いていますよ。

 監督さんというのは選手に本音を語らないものですが、心の中では感心している方ばかりです。

 ところで、ここにきて貧血の相談が増えてきました。中には鉄剤(薬)を常用しているのに・・・

 という相談もありました。そこで、なぜ貧血を繰り返してしまうのか、一緒に考えてみましょう。


 ◇朝食、食べていますか?◇◆◇……・━━━…・┿

 朝練習がきつくなるからと、朝食を菓子パンで済ませてはいませんか。食べない人もいますよね? 

 これって最悪です。人間、一回くらい食べなくても動けてしまいます。多少の無理はきくのです。

 でも、これが続くと大変なことになります。よく考えてみて下さい。ガス欠の車が動くでしょうか?

 メンテナンスなしで故障しない車はあるでしょうか? 

 人のカラダは機械と違って、多少の過不足はカラダの中で調整できます。でも、それには限りがあります。

 カラダの中で調整しきれなくなった時に、貧血や故障を起こすのです。


 ◇朝食や昼食を軽んじるな◇◆◇……・━━━…・┿

 朝食を食べないと、カラダの中でどんな変化が起こるのでしょう? 食べ物によってエネルギーを得られないので、

 運動エネルギーは脂肪から調達します。備蓄量も多くこれが不足することはほとんどありません。

 でも、司令塔である脳を働かすエネルギーは脂肪では得られません。脳にはタンパク質を分解して生まれる

 ブドウ糖が使われます。筋肉等を構成するタンパク質がどんどん使われてしまうのです。

 カラダはやつれるばかりで成長しなくなります。その影響は真っ先に血液細胞の減少に現れるのです。

 朝食をバランスよくしっかり食べるだけで、貧血の改善、再発を予防できる場合が多いのです。


 ◇肝臓や腎臓が疲れたら◇◆◇……・━━━…・┿

 筋肉疲労に対するアスリートの皆さんの関心は高まっています。予防や治療で通院するのも当たり前の様に

 なってきました。しかし内臓疲労についてはあまり関心が持たれていません。

 ここが大きな落とし穴なのです。体調を維持管理するために献身的に働き続けているのが内臓です。

 24時間365日働き詰めです。これが疲れてしまったら筋肉も血液も回復成長しません。

 運動選手は一般の人より何倍も内臓が頑張って働いています。

 そのためにも日常の食生活をきちんとして欲しいのです。


 ◇栄養不足が致命傷に◇◆◇……・━━━…・┿

 筋肉は休めますが、内臓は休めません。だからこそ良質の栄養が毎日必要なのです。運動量によって食事量の

 調節は必要ですが、手抜きは禁物です。手を抜いた分、好不調の波が激しく、貧血や故障を繰り返します。

 今、苦しんでいるあなた、調子が良い時や練習が軽かった時に、食事をおろそかにしていませんでしたか? 

 合宿中は頑張れたのに新学期に入ってから調子を落としている人は、内臓にダメージが来ているかも知れません。

 肝臓は鉄分等の大切なミネラルを貯える銀行です。

 また、腎臓からは血液細胞を増やす為の指揮官エリスロポエチンが分泌されます。

 ですから、肝臓や腎臓が疲れると致命傷になりかねません。


 ◇薬の多用による貧血◇◆◇……・━━━…・┿

 造血剤やその他の薬剤、食品添加物などを大量に常用していると、肝臓・腎臓が疲れてしまいます。

 その結果、慢性的な疲労状態になり貧血が改善しづらくなることも考えられます。

 長く続けているのに改善が見られない場合は、思い切って鉄剤・造血剤を中止するのも一つの方法です。

 そのかわり、肝臓・腎臓の為に良質のタンパク質をしっかり摂って、セリアシリーズで鉄分を補給することを

 お勧めします。大事な試合を控えて判断の難しい時かと思います。そんな時はセリア通信を参考にして、

 指導者の方と相談してみて下さい。山さんも相談はいつでも受付けます。


 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe  http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策に 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa  http://www.cf-seria.com/ca2.html 骨太が基本 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC  http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ   http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job      http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が鉄欠乏性貧血改善への第一歩
  ◇Lobb        http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素


 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 


 脳や内臓もエネルギーを必要としているんですね。

 使っているのは筋肉だけではなく、疲労するのも筋肉だけではない。

 そして、脳や内臓が元気に働いてくれないと、カラダは思う様に動かない。

 朝ご飯を抜きがちな人は、明日の朝から直しましょう。

 たった10分の早起きで出来ることですよ〜。


 ┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┏┓
 ┗■┓   山さんのアスリート御膳 【 ポリッジ 】    ┏■┛
  ┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■┛

 豪州とNZ滞在中、様々な異文化に触れて来ました。皆さんはポリッジをご存知ですか。

 英国スコットランドから伝わる伝統的な朝食です。

 皮をむいて押しつぶした燕麦(えんばく:オーツ麦)で作るホットシリアルです。

 ビタミン、ミネラル、タンパク質、食物繊維などの栄養バランスに優れた穀物なのです。

 農業を営むホストファミリーはポリッジを一年365日欠かさず食べています。

 作り方は簡単。オートミールに水を加えて電子レンジに30秒程かけます。取り出したら塩を一振りし、

 かき混ぜて再びレンジで20秒。これに牛乳、黒砂糖(お好みでハチミツ)を混ぜれば出来上がり。

 かなり腹持ちが良く一日中元気に働けるスタミナ源になっています。

 この家のお父さんは70歳。今年も100マイルのクロスカントリーを完走し特別表彰を受けました。

 100マイルと言っても乗馬の話ですので悪しからず。

 ※オートミールについてはこちら ◆日食ホームページ◆http://www.nihonshokuhin.co.jp/

 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

 オートミール、好きです。

 でも、お菓子やパンに混ぜることがほとんどで、ポリッジは食べた事ないです。

 これから寒くなって来ると、朝食に温かいものが欲しくなるので、丁度よいかもしれませんね。

 それにしても、馬とは言え、70歳で100マイル・・・脱帽ものです。


 いよいよ駅伝シーズンがやってきますね。

 コンディショニングは間際に頑張っても意味がありません。

 日々の生活がコンディショニングです。

 「今日くらいサボっても・・・」なんて決して考えない様に!

 たった今から始めましょう。そんなアナタを私達は応援しています。


 それでは、気温の変化に対応できるよう、服装や着替えなどにも気を配って下さいね。

 どうか来週までお元気で。
セリア通信のバックナンバーはこちら