【セリア通信vol.449】ジュニア期のスポーツ栄養#1【子供は別もの】



 皆さん、
 お元気でしたか?
 
 待ちに待った
 水泳の日本選手権が
 始まりました。
 五輪代表を賭けた
 一発勝負! 
 その上で
 世界一高い
 派遣標準タイムを
 突破しなければなりません。

 果たして・・・!?

 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 ジュニア期のスポーツ栄養#1【子供は別もの】
 2 季節のピンポイントあどばいす【歯科検診のススメ】
 3 山サンのつぶやき

 ジュニアスポーツ選手の
 育成強化が活発になってきました。
 同時に栄養面でのトラブルも
 増えています。
 
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         ジュニア期のスポーツ栄養#1【子供は別もの】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆子供は別もの◆

 スポーツドクターから
 小児科医の心得を
 教えて頂きました。
 それが
 「子供は別もの」
 です。
 子供のカラダは
 大人のミニチュアではありません。
 だから、
 同じ医療行為は
 通用しないという
 とても厳格なものでした。
 
 ◆減量しない、させない◆

 ジュニア選手には
 健全な成長が
 何より優先されるべきです。
 たとえ、
 競技のためであっても、
 無理な減量や
 行き過ぎた食事制限などが
 あってはなりません。
 「もっと痩せれば・・・」
 などと、
 大人の都合で
 無理強いしては
 いけません。
 
 ◆成長スパート期◆
 
 スポーツが
 どんどん上達し始め、
 夢中になり出す頃、
 子供たちは
 成長スパート期を
 迎えます。
 大人へのカラダを
 つくり始める、
 この時期の栄養が
 一生を左右するとも
 言われています。
     
 ◆食を通じて育てる◆
 
 スポーツを通じて
 子供たちが
 夢を抱き始めたら、
 食育を始めましょう。
 健康で丈夫な
 ココロとカラダを
 育てることが
 大事なんだと、
 伝えて欲しい。
 絶好のタイミングです。
      
 ◆育てて、強く◆
 
 ジュニア選手は
 育てて、強くする。
 削ってはいけません。
 そのためにもまず、
 私たち大人が
 スポーツ倫理を
 遵守することが
 大切です。

 誤った栄養指導から
 子供たちを守るためにも
 「育てて、強くする」
 という考え方を
 徹底しましょう。
  (山根)
 
   ◆セリアはこちら◆ http://www.cf-seria.com/

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【歯科検診のススメ】
 
 そろそろ新学期、
 生徒・学生のみなさんには
 健康診断が実施されるね。
 しっかり受診して、
 体調管理に役立てよう。
 ところで、
 歯の定期検診は
 受けてるかな?
 口の健康も
 アスリートには
 欠かせないんだよ。
 何でも美味しく食べられなきゃ
 栄養バランスが
 整わないから。
 山さん、これで苦労したんだなぁ・・・
 虫歯は無いと思っていても、
 よーく診てもらうと
 意外な結果に驚くこともあるんだ。
  この春、ぜひ歯科検診に行こう。
 (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 夜の読書に
 シニアグラスが
 必携となってきた。
 爪を切るにも、
 何をするにも
 いちいち必要だ。
 眼鏡の人の
 気持ちが少しだけ
 分かった気がする。

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 窓の外では
 蛙が大合唱を
 始めました。
 草木も一気に
 芽吹き始めました。
 春、真っ盛り!
 
 では、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら