【セリア通信vol.453】試合前のひと工夫#1【スタミナUPのひと工夫】



 皆さん、
 お元気でしたか?
 
 全国各地で
 インターハイ予選が
 始まりました。
 
 山さんも
 各地の大会訪問が
 続きます。

 春の日差しは
 強烈ですね。
 帰る頃には
 真っ赤っか・・・。
 
 そろそろ
 UV対策しようかなぁ!

 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 試合前のひと工夫#1【スタミナUPのひと工夫】
 2 季節のピンポイントあどばいす【ごはんを食べようョ】
 3 山サンのつぶやき

 いつもより
 ねばり強く走りたい。
 スタミナUPの
 ひと工夫をご紹介します!
 
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         試合前のひと工夫#1【スタミナUPのひと工夫】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆エネルギーを燃やせ◆

 試合の前日から
 ごはんやパスタなど、
 糖質を多めに摂って
 エネルギー満タン!
 そこまでは
 みんなやっているよね。
 スタミナUPには
 もうひと工夫、
 必要なんだ。
  
 ◆代謝を高めるビタミンB1◆

 糖質をエネルギーに
 変えるには
 ビタミンB1が
 必要なんだ。
 ココがポイント。
 ビタミンB1をしっかり
 補給すれば、
 スタミナUP
 間違いなし。
 
 ◆スタミナUPの食品◆
 
 試合前の大事な食事に
 ビタミンB1の豊富な
 食材を一品、
 加えてみよう。

 1、豚肉
 2、大豆などの豆類
 3、シイタケなどのキノコ類
 4、雑穀・玄米など
 
 豚肉なら、
 ハムやベーコンなどの
 加工食品でも大丈夫だよ。
      
 ◆効果を持続させるには◆
 
 ビタミンB1の
 エネルギー代謝を助け、
 効果を持続させるには
 アリシンが
 効果的なんだ。
 長ネギ、
 タマネギ、
 ニンニク、
 ニラなどに
 多く含まれるから
 豚肉料理に
 上手に合わせよう。
       
 ◆さらにセリアFe◆
 
 セリアFeには
 ヘム鉄のほかに
 ビタミンB1も強化しました。
 大事な日に
 元気で、
 活動的でいられるよう
 上手にご利用下さい。

 また、
 遠征などで、
 食事に工夫するのが
 難しい場合などにも便利です。 
 (山根)
 
   ◆セリアFeはこちら◆ http://www.cf-seria.com/fe2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【ごはんを食べようョ】
 
 最近、
 ごはんが
 選手の間で
 すっかり悪者扱い
 されている。
 ごはんを食べると
 太るって!?
 誰が、
 そう決めつけちゃったんだろう。
 
 ごはんをしっかり食べれば
 活動エネルギーが
 補給出来るんだよ。
 こんな素晴らしい食材は無いんだなぁ。
 みんなは毎日、
 ちゃんと運動しているんだから、
 ごはんでは太らないから
 しっかり食べようね。
 太っちゃうのは
  お菓子やジュースのせいだから。
 怪我や故障予防のためにも
 ごはんをしっかり
 食べようね。
 (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 千葉の港に
 中古車がずらり。
 日本では
 買い手の無くなった車たちだ。
 次なる出番を
 待ちわびながら
 外国航路の
 順番待ち。
 どこか嬉しそうに見えたのは
 気のせいだろうか・・・

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 山さんの大会巡りも
 まだまだこれから。
 みんなの走りも
 見れるかなぁ!?
 見かけたら、
 声かけてね!
 
 では、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら