【セリア通信vol.455】試合前のひと工夫#3【緊張しやすい人へ】


 皆さん、
 お元気でしたか?
 
 今、エリトリア長距離選手団が
 来日しています。
 皆さん、どこにあるか
 ご存知ですか?

 縁あって、
 山さんのところに、
 食事メニュー作成協力の
 依頼がありました。
 
 ケニア選手や
 エチオピア選手と
 交流のあるトレーナーさんに
 お力添え頂き、
 いくつかの食事メニューを
 提案しました。

 スタッフに尋ねたら、
 皆、美味しく
 楽しく食べていて、
 元気に走っているようでした。
 あぁ、良かった!

 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 試合前のひと工夫#3【緊張しやすい人へ】
 2 季節のピンポイントあどばいす【大学へ行こう!】
 3 山サンのつぶやき

 
 試合前、
 トイレが近い人。
 あなたは緊張しやすいタイプです。
 
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         試合前のひと工夫#3【緊張しやすい人へ】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆胃腸に影響◆

 緊張が続くと
 胃腸の働きが悪くなります。
 その結果、
 食欲不振や
 胃もたれ
 消化不良などの
 諸症状が現れます。
 合宿などで、
 下痢や便秘に
 困ったことはありませんか?
 おそらく、
 緊張による影響の一つ
 と思われます。
  
 ◆脳腸相関◆

 消化器官の働きは
 リラックス時に
 活発になります。
 一方、
 緊張時には
 働きが悪くなります。
 このように
 心の状態は
 胃腸の働きに
 大きな影響を及ぼします。
 これを
 「脳腸相関」
 と言います。

 ◆良く噛んで食べよう◆
 
 試合が近づき
 緊張感が増してきたら、
 良く噛んで食べるように
 心がけましょう。
 ゼリーなど、
 口当たりの良いもので
 やり過ごしてはいけません。
 しっかり食べないと
 あっという間に
 貧血にもなりかねません。
 良く噛んで、
 味わって、
 しっかり食べて
 脳に合図を送るのです。
 すると、
 胃腸も頑張って
 働き始めます。
 
 ◆免疫力の低下◆
 
 緊張が続くと
 ストレスに打ち勝つために
 ホルモンが分泌され、
 ビタミンCを消耗します。
 腸の免疫力が落ち、
 さらにビタミンCも不足するため
 風邪などの病気にかかりやすく
 コンディショニングが
 難しくなります。
       
 ◆メリハリをつけよう◆

 緊張しやすい人は
 気持ちにメリハリをつけて
 リラックスする時間を
 持つように努めましょう。
 食事も楽しみながら、
 しっかり食べられるように
 工夫してみて下さい。

 また、消耗しやすいビタミンCを
 こまめに摂りましょう。
 新鮮緑黄色野菜や
 果物などを
 毎食時はもちろん、
 練習後のリカバリー時などにも
 用意しておきましょう。
 
 ビタミンCは
 セリアで補うのも一つの方法です。
 タブレットタイプですから、
 練習後でも食べやすいので
 ぜひ、お試し下さい。
 (山根)
 
   ◆セリアCはこちら◆ http://www.cf-seria.com/c2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【大学へ行こう!】
 
 学生の皆さん、
 ちゃんと大学へ
 行ってる!?
 朝練で疲れたからって、
 授業をサボらないでね。
 部屋にこもって
 寝ていると、
 体調が悪くなるんだ。
 
 だらしない生活をすると
 あっという間に体内時計が
 狂ってしまうんだよ。
 それが体調不良の
 引き金になるんだ。
 お互いに声かけ合って、
 授業に行こうね。
 (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 トップアスリートが走り出すと
 トラックの空気が一変する。
 ピリッとしまって
 見ているこちらまで
 緊張感に包まれてしまう。
 いやぁ、凄いなぁ!
 その感触や興奮が
 今もまだ残っている。

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 日の出が早くなりましたね。
 やっぱり冬より、
 夏がイイなぁ!
 朝からやることが
 いっぱいだ。
 えっ、
 早く目が覚めるのは、
 年齢のせい・・・!?
 今日も元気に頑張ろう!!
 
 では、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら