【セリア通信vol.467】アスリートの貧血を考える#3【運動と赤血球破壊】



 皆さん、
 お元気でしたか?
 
 史上初の「難民選手団」が結成され、
 10人の選手がリオ五輪に出場します。
 紛争や迫害から国を追われたアスリートたちにとって、
 五輪出場はこれまで叶わぬ夢となっていました。
 
 オリンピック憲章には、こう記されていました。
 〜いかなる差別をも伴うことなく、
 友情、連帯、フェアプレーの精神をもって相互に理解しあう・・・
 平和でよりよい世界をつくることに貢献する〜、と。
 
 難民選手団の今後の活躍にも注目しましょう。

 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 アスリートの貧血を考える#3【運動と赤血球破壊】
 2 季節のピンポイントあどばいす【夏風邪注意!】
 3 山サンのつぶやき

 アスリートの貧血は血液が破壊されて発症します。
 その仕組みと対処について考えてみましょう。

 *…*────────────────────────────────────── *…*
         アスリートの貧血を考える#3【運動と赤血球破壊】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆溶血性貧血とは◆

 何らかの原因で赤血球が破壊され、
 貧血をきたすことを溶血性貧血と呼びます。
 運動による衝撃で赤血球が破壊されるスポーツ性貧血も
  これにあたります。
 
 ◆貧血になりやすいスポーツ◆

 溶血性貧血は長距離ランナーに多くみられます。
 サッカーやバスケットボール、バレーボールなど
 長時間走り回ったり、飛び跳ねたりする競技、
 裸足で床を踏み込む剣道選手などにも
 多いのが特徴です。

 ◆寿命の短縮◆
 
 赤血球の寿命は約120日です。
 スポーツの衝撃による赤血球の破壊が進行すると
 赤血球は寿命を全う出来ません。
 この状態が続くと、造血が追いつかなくなり貧血になってしまいます。

 ◆破壊を減らす◆
 
 貧血症状が見られたら、以下の点に注意しましょう。
  1、オーバートレーニング(練習し過ぎ)
  2、栄養不足
  3、休養不足
 このうち栄養と休養の改善は
 選手一人一人が考え、対処すべき課題です。
       
 ◆栄養不足を疑おう◆

 貧血の症状が見られたら、
 まず栄養不足を疑いましょう。
 食事栄養バランスの見直しが出来れば
 貧血の改善と再発予防が出来るはずです。
 
 どんな栄養が不足しているのか。
 何を摂ったら良いのか。
 次回、一緒に考えましょう。
 (山根)
 
   ◆セリアはこちら◆ http://www.cf-seria.com/

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【夏風邪注意!】
 
 夏風邪の一つ、
 ヘルパンギーナが流行しているぞ。
 ウイルス性の咽頭炎で、
 発熱とともに、
 口腔粘膜に小さな水疱が出来るんだ。
 乳幼児ばかりでなく、
 大人にも感染するから気をつけよう。
 抗菌薬が効かず、
 ワクチンもないので、
 予防につとめるしかないらしい。
 合宿中の皆さん、
 夏だからと油断せずに、
 うがい・手洗いをこまめにしようね。
 (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 最近、カラダが調子イイ。
 あちこちガタは来てるし、
 問題は抱えているのだけれど、
 それなりにやれている。
 ささやかな幸せ。
 ルーティーンの賜物かも知れない。

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 みなさん、寝不足は大丈夫ですか?
 五輪中継、見始めたら止められないから
  あまり見ないようにしています。
 もちろん、結果はチェックしてますが・・・

 では、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら