【セリア通信vol.479】冷え性を克服しよう#1【エネルギーを燃やそう】



 皆さん、お元気でしたか?
  
 週末、NISSANスタジアムに行って来ました。
 ジュニア五輪出場選手のみなさんの
 走りの美しさに感動しました。

 若いうちに正しいフォームを覚えてしまえば、
 カラダへの無理が少なくなるでしょう。

 同じように正しい食生活習慣も
 ジュニア期に身に付けて欲しいと思いました。
 
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 冷え性を克服しよう#1【エネルギーを燃やそう】
 2 季節のピンポイントあどばいす【意外に高タンパクなサケ】
 3 山サンのつぶやき

 今日から11月、冷え性のご相談が増える季節です。
 その対策を考えましょう。
 
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         冷え性を克服しよう#1【エネルギーを燃やそう】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆ひじき・切り干し大根・煮豆◆
 
 これらは昔ながらのお弁当には定番のおかずです。
 山さんの大好物ばかり。
 これだけでご飯が何杯も食べられました。
 この中にはご飯をエネルギーに換える
 大切な栄養が豊富に含まれています。
 ご存知ですか?

 ◆生姜焼き定食◆

 体育会系男子が大好きな生姜焼き定食。
 これにもエネルギーを燃やし、
 カラダを温める栄養が豊富です。
 タマネギ・キノコ・ニンニクなどが組合わさると
 さらにパワーアップします。
 アスリート男子が大好きなトンカツにも
 同じ栄養が豊富です。

 ◆魚卵にも豊富◆

 あつあつの炊きたてご飯に
 タラコ・イクラも美味しいですね。
 サケやシラスの載った海鮮丼は女子も大好きです。
 これにシラコのすまし汁があったら最高です。
 これらにもエネルギーを燃やす栄養がたっぷり含まれます。
 ご飯を美味しくする組み合わせには
 ご飯(エネルギー)を燃やす栄養が豊富です。

 ◆その正体は◆
 
 エネルギーを燃やす栄養。
 その正体はビタミンB1です。
 エネルギーが燃えやすくなれば、
 体温が上がって、
 代謝も活発になり、
 抵抗力も高まります。
 冷え性対策にも、欠かせません。
         
 ◆不足が増えている◆

 ビタミンB1は穀類の胚芽に多く含まれます。
 玄米なら多いのですが、精米すると少なくなります。
 お米だけではなく、
 インスタント食品や
 加工食品の増えた今日、
 不足が心配される栄養の一つに挙げられています。

 手足が冷えやすかったり、
 むくみが気になるあなた。
 ビタミンB1をしっかり摂るように心がけましょう。
 豚肉・キノコ・豆類・乾物など
 ビタミンB1の豊富な食材を上手に利用して下さい。

  不足が気になるあなたにはセリアFeもおススメします。
  (山根)
 
   ◆セリアFeはこちら◆ http://www.cf-seria.com/fe2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【意外に高タンパクなサケ】
 
 サケが旬を迎えます。
 何と言っても高タンパク食材!
 アミノ酸スコアは100点満点なんだ。
 実は鶏のササミよりハイスコア。
 意外に知られてないよね。

 カラダの酸化を防ぐアスタキサンチンが豊富。
 血流を促進するEPAもたっぷり含まれているんだ。
 さらに骨を丈夫にするビタミンD、
 造血を促すビタミンB12など
 アスリートには必須の栄養が多いんだ。
 
 調理のコツはね、
 鱗を丁寧に取り除くだけ。
 そのひと手間だけで、
 どんな料理でも皮まで美味しく食べられるよ。
 自炊している選手も、ぜひお試し下さい!
 (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 野菜の高騰が続いている。
 輸入野菜もチラホラ見られる。
 小さなニンジンには中国産と記されていた。
 僕の行く時間にはモヤシは売り切れている。
 台風の後遺症は未だ暫く続きそうだ。

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 ハロウィンは如何でしたか?
 シーズン真っ只中の選手には関係ないですね。
 そんなことより集中集中!
 ベストコンディションで戦いましょう。

 ではまた、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら