【セリア通信vol.483】冷え性を克服しよう#5【ストレスをなくそう】



 皆さん、お元気でしたか?
  
 我が家のネコたち、
 まぁ、よく食べます。
 夏に比べて3割増し!
 旺盛な食欲もまた、
 冬の合図となっています。
 
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 冷え性を克服しよう#5【ストレスをなくそう】
 2 季節のピンポイントあどばいす【海のミルク牡蠣】
 3 山サンのつぶやき

 アスリートの冷え、
 ストレスも影響しています。
 
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         冷え性を克服しよう#5【ストレスをなくそう】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆ココロとカラダを緩めよう◆
 
 緊張下では身を守るための
 防御システムが働きます。
 具合が悪いとき、
 思わず身を丸めるように
 カラダの大事な部位を保護するように
 自律神経が各所に指示を発します。

 ◆血管の収縮と弛緩◆

 カラダの各所には前毛細血管括約筋があります。
 毛細血管の収縮・弛緩させることによって
 体内の血液量を調整しています。
 ストレスや寒さを感じると
 括約筋が収縮します。
 血液をカラダの中心部に集めて
 体温の低下を防ぐためです。
 
 ◆血管を弛緩させるには◆

 安心感を覚え、リラックスすると
 前毛細血管括約筋は弛緩します。
 また、首・手首・足首を保温すると
 括約筋が緩んで末端に血液が流れ込みます。
 このような状態をつくることが
 冷えを防ぎます。

 ◆切り替え上手になろう◆
 
 緊張すると手が冷たくなりますね。
 同じようにストレスを抱えた状態での生活は
 血管が収縮され手足が冷えやすくなっています。
 このようにアスリートの冷え性は
 ストレスとの関係が見逃せません。
 音楽鑑賞や読書、食事・入浴などを楽しみながら、
 上手にココロとカラダを解放させてあげて下さい。
   
 ◆温めるポイント◆

 冷えを感じ難くする保温のポイントは
 首・手首・足首、そして関節です。
 冷えている手先や足先を温めるだけでなく、
 血流を調節している関節部周辺を温めましょう。
 血管が緩んで温まりやすくなります。

 血流の促進にはEPAが効果的です。
 しなやかな血管や赤血球づくりに欠かせません。
 血流に問題ありと思ったら、
 こちらもぜひご利用下さい。
  (山根)
 
   ◆セリア・サプライズはこちら◆ http://www.cf-seria.com/sp2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 季節のピンポイントあどばいす :::

 【海のミルク牡蠣】
 
 カキって、山サンも子供の頃は苦手だったんだ。
 でもね、「海のミルク」だから食べなさいって、
 両親から教えられて以来、
 食べるようになったんだ。
 なんて言ったって、栄養満点。
 貧血予防に必要な栄養、
 鉄・銅・亜鉛・ビタミンB群が
 全部揃っているんだ。
 ミネラル不足になりやすい冬、
 栄養バランスアップに役立てよう。
  (山根)

 ::: 山サンのつぶやき :::

 久しぶりに仲間と昼食を共にした。
 大勢で食べる食事は本当に旨い!
 食べる環境も大事だなぁと、
 今更ながら痛感した。
 
   * * * * * * * * * * * * * * * *

 週末は大会やロードレースが続きます。
 普段以上の力で走った後は
 ダメージが大きいからケアをしっかりお願いします。
 もちろん、セリアで栄養補給も忘れずに!

 ではまた、来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら