【セリア通信vol.601】エネルギー切れを考える #1

2019年3月5日

前ページ:血液を育てる#4
後ページ:エネルギー切れを考える#2

皆さん、お元気ですか。
 
 高校セリアユーザーチームの皆さんから
 卒業式や送別会のご案内をたくさん戴いております。

 先生方の厳しくも熱くて優しい思いや
 保護者の献身や愛情の深さ、
 選手たちの苦悩・・・。

 出席するたびに
 皆さんの溢れる思いに触れ、
 感動を戴いております。
 
 皆さん、最後まで本当に良く頑張りましたね。
 ご卒業おめでとうございます。
 
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 エネルギー切れを考える #1
 2 ココに注目!【東京マラソン】
 3 山さんのつぶやき

 レース途中でのエネルギー切れが目立ちますね。
 どうしてでしょうか。
 一緒に考えてみましょう。

 *…*────────────────────────────────────── *…*
         エネルギー切れを考える #1
 *…*────────────────────────────────────── *…*
 
 ◆低体温症◆
  
 マラソンや駅伝のレース中、
 カラダが動かなくなって失速したり、
 途中棄権をする選手をしばしば見かけますね。
 テレビ中継では低体温症と発表され、
 選手を毛布で温める姿を観た方も
 多いことでしょう。

 ◆低体温とは◆

 内臓や脳などカラダの中心温度は37℃に保たれています。
 一方、体表付近の温度は環境の影響を受けやすく、
 寒さなどの影響を受けるとそれより低くなります。
 さらに厳しい寒さに遭遇したり、
 長時間さらされると中心温度が低下します。
 低体温症では中心温度が35℃以下となり
 とても危険な状況を意味します。
  
 ◆2種類ある◆

 「偶発性低体温症」は
 海や山での遭難や自然災害などにあい、
 風や水、雪などの寒さで体熱が奪われた場合です。

 一方、「誘発性低体温症」は
 心臓や脳の手術を安全に施術するために
 患者のカラダを冷却した場合です。

 マラソンや駅伝で見られる低体温症は
 偶発性低体温症です。
           
 ◆低体温症の原因を考える◆

  アスリートの場合、
  次の3つの原因が考えられます。

 1、寒さ(気温・日照・雨・風・服装)
 2、熱産生の低下(エネルギー切れ)
 3、体温調節機能の異常(緊張・興奮・ストレス)
 
 低体温症に陥る選手が
 箱根駅伝やマラソンで多く見られるのは
 これらの原因が重なってしまうからではないでしょうか。
   
 ◆症状と対応◆

 低体温症に陥ると特有の症状
 「寒冷反応」が見られます。
 レース中に倒れたり、
 練習中に発症した場合、
 「寒冷反応」が認められたら、
 即座にカラダを温め、
 救急搬送の手立てをとりましょう。
 
 「寒冷反応」  
  1、意識がもうろうとする
  2、呼吸が激しくなる
  3、カラダが激しく震える
  4、筋肉が硬直する

  来週は低体温症に陥る選手が
  箱根駅伝やマラソンで多く見られる原因を探ってみましょう。

   ◆セリアはこちら◆ http://www.cf-seria.com/

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: ココに注目! :::

 【東京マラソン】

 東京マラソンに出場しました。
 抽選倍率は12.1倍。
 応募4年目にして
 念願の出場が叶いました。
 それだけに生憎の天気でしたが、
 やる気満々で臨みました!

 最初の1kmはゆっくりと。
 徐々に加速して最後はビルドアップ
 と思っていたのですが・・・。

 30km過ぎからペースが上がらず、
 維持するのが精一杯でした。
 記録は2時間48分11秒。

 自己ベストより4分遅いですが、
 悔しさよりも充実感一杯のレースとなりました。

 また、走りたい!
 そんな思いにかられています。
   (山内)
 
 ::: 山さんのつぶやき :::

 ネット上でも見つからない。
 そんな情報もあるんだと知った。
 専門書を検索しても
 見つからない。
 もしかしたら、
 そんなことで困っているのは
 僕だけ!?
 ちょっと心配になった・・・。
 
   * * * * * * * * * * * * * * * *

  今月はエネルギー切れを特集します。
 備えれば避けられるトラブルだからです。
 経験の無い方も一緒に考えましょう。
 来週も、どうぞよろしくお願いします。

 では、また来週。


前ページ:血液を育てる#4
後ページ:エネルギー切れを考える#2

セリアのご注文、ご相談はLINEからも受け付けております。
友だち追加


 今までのセリア通信はこちらから


 セリア通信の登録(無料)はこちらから


 御注文はホームページから